作業療法室

作業療法とは、さまざまな活動を通して心と体の健康状態を改善していくリハビリテーションの一つです。戸田病院では、入院されている患者様を対象に、病棟ごとの担当作業療法士が、一人ひとりの状態を把握し、病態に合わせて集団・個別での精神科作業療法を提供しています。

活動を通して皆様が健康で主体的な生活を送れるように支援しています。

作業療法

目的

精神科作業療法では、症状の安定、対人関係の改善、生活の質の向上、社会生活への支援を目的に、現在抱える悩みや問題から、将来自分らしく生き生きと生活するために必要な支援を行っています。

プログラム

各病棟担当作業療法士が、集団・個別での活動を提供しています。

レクリエーション・スポーツ

レクリエーション

集団で行うゲーム形式の活動です。楽しみながら頭を使ったり、体を動かします。

スポーツ

卓球、風船バレー、ゲートボールなどホールや中庭で行う活動です。
広い場所で思い切り体を動かすことが出来ます。

レクリエーション・スポーツ

コスモスホール

体操

ストレッチや太極拳、ヨガ、ダンスなど参加者の体力に合わせて行っています。

体操

ヨガ

リラクゼーション

お好きな飲み物を選び、のんびりと過ごすことができます。
フェイスマッサージや蒸しタオルも希望に合わせて行っています。

リラクゼーション

創作活動

革細工、ビーズ、手芸、塗り絵、木工などご自身の希望を踏まえて各自で取り組みます。

リラクゼーション

革細工作品

音楽

音楽療法士の伴奏に合わせて、季節の歌やリクエスト曲を皆で歌います。
また、お好きな歌を聴いたり歌唱する音楽鑑賞やカラオケも行っています。

個別プログラム

ひとりひとりの悩みや目標に合わせて、個別での活動も行っています。

特色

戸田病院では各病棟ごとに病態に合わせた作業療法を行っています。

急性期病棟
(第1病棟)

回復状況や症状に合わせてプログラムを提供しています。
リラックスや休息を目的としたリラクゼーションや音楽などの活動、ストレス発散や心身の安定を目的としたスポーツや創作活動などを行っています。健康的な活動を通して、症状の安定化へと繋げています。

ストレスケア病棟
(第8病棟)

主にうつ病や神経症の方を対象としたプログラムを行っています。
うつ症状に効果的と言われる軽い有酸素運動(ヨガ・ストッチ・ウォーキングなど)や気分転換・ストレス発散の機会として、卓球・歌・散歩・リラクゼーションを行っています。また、創作活動を他病棟より多く設け、集中力や自信の回復へと繋げています。
どのプログラムもリラックスして自分のペースで参加できるように、環境にも配慮しています。

ストレスケア病棟での作業療法のご紹介

認知症疾患治療病棟

生活リズムを整え、身体機能を維持することを目的に体操やレクリエーションなど行っています。また、情緒の安定や気分転換を図ること、残存能力を発揮することなどを目的に、音楽療法や創作活動も行っています。
集団活動に合わせて、必要に応じ個別での活動も行っています。

開放病棟
(第2・6病棟)

生活の質の維持・向上を目的に、レクリエーションや創作活動、リラクゼーションなどを行います。
スポーツや体操、ダンスといった活動的なプログラムが多いのも特徴です。
また、社会復帰に向けて必要なものを共に考え、主体的に取り組めるように支援しています。

閉鎖病棟
(第3・4・5・7・静養病棟)

気分転換や活動性の維持を主な目的に、日々の生活に楽しみを感じられるような活動を行っています。
レクリエーションや創作活動、音楽、スポーツなど様々な活動を通して自分らしい生活が送れるように支援しています。