薬局

我々薬剤師は、安全な薬物治療を行えるよう、他職種と連携をはかり、くすりの専門家として日夜自己研鑽に励んでいます。
特に精神科においては薬物治療が治療の中心になるため、患者様が正確な薬物情報を知ることが重要であると考え、積極的な服薬指導、病棟活動を行っています。

薬局受付

調剤業務

入院患者様および外来患者様のおくすりの調剤業務を行っています。
医師の処方内容を鑑査し、おくすりの量や服用方法、相互作用などに問題がないか確認し、必要に応じて医師に問い合わせを行います。
医療事故防止のため、医療安全管理を徹底して行い、患者様が安心しておくすりを服用できるよう努めています。
外来患者様のおくすり受け取りまでの待ち時間軽減のため、調剤の効率化およびスピード化にむけてさまざまな工夫を行っています。
散剤においては、調剤鑑査システムを導入し、調剤ミスを防止しています。

調剤

病棟業務・服薬指導

患者様へのおくすりの説明、持参薬の確認、副作用、相互作用、コンプライアンスのチェックを行います。
医師や看護師など他職種と意見交換を行い、患者様のおくすりの適正使用に努めています。

精神疾患は適正な薬剤を使用することで、症状の軽減を図ることが出来ます。
患者様がおくすりの効能を理解し、自らの意志で服薬を行うことがなにより重要であると考えています。

医薬品情報提供業務

新しい医薬品の情報、従来の医薬品の新しい効能や安全性の評価などの情報を収集し、医師、看護師、患者様などに提供しています。

実習生指導

将来の精神科を支えていくことができる薬剤師を育てていきたいという想いから、薬学実習生を積極的に受け入れています。

一般の病院とは違う、精神科ならではの実習ができるよう、指導を心がけています。
実際に患者様と触れあうことに多くの時間を割き、患者さまと共に歩める薬剤師の育成を目指しています。

患者様へ

おくすりについてご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
おくすりの一包化をご希望の方は、診察時に医師にお話しください。