入院案内

入院案内

外来で医師が診察した結果、入院による治療が必要と判断した場合に入院を決定します。
外来診察の際には、できるだけ家族など、患者様の症状を詳しくご存知の方と一緒においでください。

外来診察

入院形態について

精神保健福祉法に基づいた、「任意入院」、「医療保護入院」、「措置入院」といった種類の入院形態があります。

種類 内容
任意入院 当院の医師が治療のために必要と診断した場合に、ご本人の同意のもとに行っていただく入院です。
ただし、72時間に限り、精神保健指定医の判断により退院を制限することがあります。
医療保護入院 精神保健指定医の診察の結果、入院が必要と判断された場合に、本人の同意が得られなくても、家族等のうちいずれかの者が同意したときの入院です。家族等とは、当該精神障がい者の配偶者、親権を行う者、扶養義務者及び後見人又は保佐人です。ただし、成年被後見人又は被保佐人、未成年者などは除きます。

※ 平成26年4月1日より、精神保健福祉法が一部改正されました。 保護者制度が廃止され、保護者の同意ではなく家族等の同意が必要になりました。

措置入院 自傷他害の恐れがある場合で、知事の診察命令による2人の精神保健指定医が診察の結果、入院が必要と認められたとき知事の権限によって行われる入院です。

入院手続きについて

入院当日、入院診察で入院が決定した後に、入院手続きを行なわせていただきます。

ご持参いただくもの

  • 印鑑(三文判で結構ですが、シャチハタは不可)
  • 健康保険証
  • 各種医療券等
  • 診療券(戸田病院の診療券をお持ちの場合)
  • 通帳と銀行届け印(入院費用の口座振替指定口座)
  • 入院にご同意いただくご家族様等の本人確認書類

平成26年4月1日より精神保健福祉法が一部改正されて、保護者制度が廃止されました。
これに伴い、入院にご同意いただくご家族様等の本人確認をさせていただきます。

以下のものをお持ちください。

いずれか1点(氏名の記載があるもの)
  1. パスポート
  2. 免許証など
  3. 在留カード
  4. 特別永住者証明書
  5. 外国人登録証明書
  6. 官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの
いずれか2点(氏名の記載があるものに限ります)
  1. 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  2. 共済組合員証
  3. 国民年金手帳
  4. 年金手帳
  5. 国民年金、厚生年金保険または船員保険に係る年金証書
  6. 共済年金または恩給等の証書
  7. 学生証、会社の身分証明書または公の機関が発行した証明書

※生活保護を受けている方は、福祉事務所にご連絡ください。

※入院後に住所、保護者、健康保険証等に変更があった場合には、病院受付にお知らせください。

入院に必要な日用品

  • 洗面・入浴用具一式※1
    • 歯ブラシ
    • 歯磨き粉
    • タオル2~3枚
    • バスタオル1枚
    • プラスチック製コップ
  • ティッシュペーパー
  • 履き慣れた室内履き※2
  • 室内着5組程度※3、※4
  • 下着5組程度※5
  • 靴下5組程度

必要時

  • 入れ歯洗浄剤
  • 入れ歯ケース(ふたつき)
  • 生理用品

※1ご入院される病棟によっては、シャンプー・リンスは、病棟備え付けの物をご利用いただく場合がございます。
垢スリタオルは持ち込みが出来ない病棟もございますので、スポンジタオルをご用意ください。

※2転びにくいかかと付きで、紐なしの靴をご用意ください。

※3パーカー、スウェットなどの調整用で付いている紐は持ち込めません。ただし取り外すことで支障が無ければ可能です。

※4ネクタイ、ベルト、ニーハイソックス、ストッキング、レギンスは禁止させていただいております。

※5着脱しやすいもの

病院内の売店で日用雑貨等を購入することもできます。

入院費用について

入院費用はそれぞれの健康保険により算定します。原則として保証金10万円が必要(生活保護の方は不要)になります。 入院費用はご指定口座から毎月27日に自動振替となります。当月分の入院費は、翌月に納入通知書(請求書)を発行いたします。退院の際は、当日までの入院費の全額を精算していただきます。外泊中も入院時基本診療料などが算定されます。おむつを使用する場合、病院で用意しているものを使用していただき、入院費用の保険外の費用としてお支払いいただきます。 1カ月の入院費の負担額が一定額を超えた時は、超えた部分が免除される制度がありますので、不明な点は、ご加入の健康保険にお尋ねください。

小遣金について

小遣金は、患者様が管理できない場合は病院でお預かりします。お預かりした小遣金は適正に管理いたします。(管理費用が発生いたします)
ご家族の方は小遣金の残額にご注意のうえ、不足にならないように適宜ご入金ください。 なお、小遣金についてのお問い合わせは病院受付へお願いします。

退院の手続きについて

ご退院については、主治医とご相談ください。
ご退院のお迎えは、受付窓口で退院精算の手続きをしていただいてから病棟にお越しください。

退院手続きの際に必要なもの

  • 印鑑
  • 保証金預り証 ※ご入院時にご入金いただいた方
  • 退院日までの入院費用 ※口座振替の手続きをされている方は、口座からの引き落としとなります

面会のご案内

面会をご希望される方は、受付窓口にて面会票をご記入ください。

面会受付時間退院手続きの際に必要なもの

午前 9時30分~11時30分
午後 13時00分~16時30分

※日曜日の12時00分~13時00分の間の1時間は受付窓口が開いておりません。
面会の受付ができませんのでご了承ください。

病棟案内

第1病棟 急性期男女混合病棟

急性期の精神症状を早期的に治療し、クリニカルパスを基本とした治療プログラムによるさまざまな関わりを行っています。個人一人ひとりに献身的な関わりを持ち、患者様・ご家族の笑顔でいられる生活に戻れることを目標に取り組んでいます。

第2病棟 慢性期男子開放病棟

社会復帰を目標とする病棟です。患者様一人ひとりに合わせた退院に向た生活行為の向上や、人間関係におけるコミュニケーション技術の習得を目指して個別性のある治療・看護を行っています。

第3病棟 慢性期男子閉鎖病棟

急性期治療を終えた慢性期の病棟です。生活行為の自立に向け濃厚なケア・治療を行っています。患者様・ご家族様とのより良い関係作りを心がけ、患者様の社会性向上にも努めています。

第4病棟 男女混合閉鎖病棟

精神科の疾患に内科的疾患を合併された患者様に対して治療を行う病棟です。当院入院の患者様に限らず、地域や他院からの入院も受け入れています。精神・身体面の治療を行い、患者様が快く元の生活の場へ戻られるよう援助を行っています。

第5病棟 慢性期女子閉鎖病棟

急性期治療を終えた慢性期の病棟です。2階と3階の2フロアに分かれており、3階は生活行為の維持・向上を目指し、2階は開放病棟に向けて身の回りの自立を目指した病棟です。個別に合わせた作業療法を中心に濃厚な治療看護を行っています。

第6病棟 慢性期女子開放病棟

地域社会に向けての社会復帰支援を目標とする病棟で、患者様一人ひとりの状況に合わせた日常生活に必要となる生活行為の習得や、人間関係におけるコミュニケーション技術の向上などを目指して個別性のある治療・看護を行っております。

静養病棟

主に軽度の認知症の患者様が長期的な療養を必要とした病棟です。患者様がその人らしく入院生活が送れるように、個室を中心とした静かな環境作りと、個別の看護を提供しております。

第7病棟 療養病棟

精神療養病棟です。比較的症状の軽い患者様がゆっくりと休養をとり、症状の回復を図れる空間を提供しています。作業療法を中心とした治療プログラムと個別看護により、健康的な側面への働きかけを行っております。

第8病棟 ストレスケア病棟

気分障がいにある患者様のための急性期病棟です。早期に専門治療をおこないうつ病などにお悩みの患者様へのケアを提供します。

認知症病棟

認知症の診断及び治療を専門的に行う病棟です。病棟では医師、看護師をはじめ、様々な相談を精神保健福祉士が承ります。また日々の作業療法も専門スタッフが患者様に合わせてプログラムを行っております。各専門スタッフが連携を図り、一人ひとりに合わせた個別看護・治療を行っています。