お知らせ・活動内容

リワークデイケア『卒業生の声 part9』

皆さんこんにちは。
まだ5月というのに異例の暑さが続きますね。
体調お変わりありませんでしょうか。
今回は少し前に卒業されましたJさんのメッセージをお伝えしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨年の夏、主治医からの紹介でリワークに通い始めたころは「6ヶ月って長いなぁ」と思っていました。
通ってみると様々なプログラムや課題、メンバーたちとの交流で月日が流れ、短く感じるほどでした。
私の場合はそこから会社上司と復職に向けての交渉が上手く進まず、苦しい日々が続きました。
この間、見守り支えてくださったスタッフの皆さま、メンバーたちには感謝しています。

リワークで学んだマインドフルネスに興味を持ち、読んだ本の中でこんな言葉に出会いました。

『「許すことが出来ない」頑なな気持ちによって、私たちは自身につらく当たり、不自由になり、苦しめられる。許すことはある意味自身を愛することであり、また自身に責任を取る事でもある』

『「つらい目に遭っている」と思うと何でも敵に見えてくる。逆に心を開いていれば、どんなものでも励ましになる』

上手くいかない状況にとらわれ過ぎずに整理することが出来たのも、ここでの学びや出会いのおかげと思っています。
もしそれが無ければ、独りで思い悩み、苦しい思いに押しつぶされていたかもしれません。

4月からは新しい職場で働きます。
未経験分野、最初からフルタイム勤務と、少々ハードな社会復帰にはなりますが、リワークで学んだ事を大切にし、無理のない頑張りを心掛けていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他者に対してとても優しくなれるところがJさんの魅力でしたね。
会社とのやり取りが厳しく、復職と転職と苦しい選択肢を迫られました。
そんな中でもご自分で考え動かれる姿にはとてもエネルギーを感じられました。

強さと優しさを持たれるJさんですので、少しの問題には立ち向かっていけそうですが、時には自分の心身の疲労にも目を向けていってください。
ご武運とご健勝を祈ります。