お知らせ・活動内容

リワークデイケア 『卒業生の声part20』

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですか。お盆が明けてもまだまだ暑いですね。

本日は8月にリワークを修了された卒業生の声をご紹介させて頂きます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 私の「return to life」

私は、昨年の11月下旬から1月の終わりまで、気分・体調を崩して治療のために入院していました。冬の寒い時期に憂鬱なクリスマス、憂鬱なお正月を味わいました。病棟に飾られていた、クリスマスツリーの明かりが胸に沁みていたことが今でも忘れられません。

退院が決まり職場復帰を目指すために、戸田病院のリワークにお世話になることにしました。2月初め、冬の寒い時期にリワークの通所を始めました。寒い時期でしたが、戸田病院のリワークは5階にあり、東南方向の2面がガラス張りで暖かな日差しが差し込みます。気温が低く晴天に時は、富士山の雄大な景観が拝めます。この環境は、とても心の病の回復を助けてくれました。

リワークの多様なプログラムの中で一番自分の病気の良薬になったプログラムは、「自己分析」のプログラムです。このプログラムは、休職の原因を深堀して、真の原因を導き出します。この作業は、リワークのスタッフがサゼッションを手厚くしてくれます。私の場合、「自己肯定感の低さ」について、自己分析のプログラムで、徹底的に深堀しました。これにより、具体的な対応方法を見出すことが出来ました。

私の5か月間のリワークアクティビティは「return to work」ではなくて、「return to life」であり、少し大袈裟ですが人生を見直し新しい地平線が開けたと信じています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

Mさん復職おめでとうございます。新型コロナウイルス感染症の影響で、通勤や業務などさまざま変化していてさぞ大変とお察し致します。日々気温も高くなっていますので、お身体にはくれぐれもお気をつけてご自愛頂きたいと思います。

リワークでは課題に懸命に取り組まれていましたね。自分と向き合う作業は辛かったと思いますが、その努力が復職、そして今後の人生に生かされますよう、心より願っています。

みなさまもコロナや暑さもあり、なかなか夏を楽しむということがしにくい状況にあるかと思われます。体調に気を付けてお過ごしください。