お知らせ・活動内容

リワークデイケア「オフィストレーニング~プログラム企画」

七夕飾りが風に揺れて、気分も良い時を迎えることができました。
皆さまお変わりありませんか?

リワークでは2ヶ月に一度、オフィストレーニング(旧研究発表会)の発表会が行われます。
今回の復職準備クラスのメンバーは「プログラム企画」に取り組まれました。

「チーム対抗ゲーム大会の参加を通して皆さんが各クラスを越え、交流を深める事」を目標にあげ、当日は卓球ストラックアウトやなぞトレでイベントを盛り上げました。
七夕が近いのもあって、チーム名は織姫と彦星。
僅かの点数で彦星チームが勝利を勝ち取りました!
参加された皆さんから″ゲームが面白くて楽しかった” ″チームプレートや表彰状まで手作りしていてレベルが高い”などとお褒めの言葉をたくさん頂きました。

復職準備クラスの皆さん、お疲れさまでした。そして楽しい時間をどうもありがとうございました。

 

オフィストレーニングのプログラムを進めるにあたり、1時間前後のイベントを1ヶ月間かけて企画するのですが、よくメンバーの皆さんから「なんでそんなに時間がかかるのか」と質問されることがあります。

オフィストレーニングではその名の通り、職場の疑似体験をして頂いております。
プログラムの中では部長、課長、社員役がおり、それぞれの立場や役割を考えながら行動する必要があります。短時間のイベントでも仕事と同じように話し合い(会議)を重ね、企画書から作成し、上司やメンバー(同僚)とやりとりをしながら進めていきます。
全体のスケジュールと照らし合わせながら誰がなにを担当していつまでに仕上げるのか、当日の流れや配置など細かい部分まで詰めていき、想像以上に綿密な打ち合わせが必要です。
※少し見にくいですが、企画書の一部です。
タイトなスケジュールの中でこなしていかなければいけないので、人によっては負担に感じることがあるかもしれません。
しかし、プログラム企画などの課題を完璧にこなすことが目的ではなく、オフィストレーニングで
は『負荷がかかる中でも体調のコントロールをしながら通所(通勤)が出来、プログラムに参加(勤務)することが出来る』事を目指しています。
毎回プログラム後に積極的に参加出来ていたかどうか、アサーティブに自分が言いたい事を伝えることが出来たかどうか、リーダーシップ取れたかどうかなどをチームと個人で振り返りを行っていきます。
一つの事を成し遂げた事で成功感を味わい、自信にも繋がると思います。
自信も持って復職し、復職されたあともうまく体調をコントロールしながら再発せず、仕事が出来ることが一番の目的です。
今後も皆さんとそれぞれの課題や目標を共有しながらプログラムを進めていきたいと思います。

2ケ月後のオフィストレーニング発表も是非楽しみにしてください☆彡