お知らせ・活動内容

リワークデイケア「卒業生の声part12」

皆さんこんにちは!
日増しに暑くなってきましたが、お変わりありませんか?
先日に引き続き、4月に卒業された方からメッセージが届きましたのでお伝えします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は2018年11月からこちらのリワークでお世話になり、2019年4月30日で卒業となりました。
すなわち平成最後の卒業生です。
今思い返してみると、リワーク参加初日は凄く緊張して、声も自分の思っている声量が出ない位かなりのストレスを感じておりました。(私をご存じの方はえ~!それは嘘だ!という声が聞こえてきそうですが・・・・)
先輩方々から卓球やカードゲームなどのお誘いを受け、参加することで緊張がほぐれていき、日が経つにつれ声も出てくるようになりました。
メンバーには親切な方が多く、お互い気に掛けて「大丈夫だよ」と励ましたり、時には大爆笑したりして、あ~これが生きているんだ!という気持ちに包まれました。
まるで暖かい家族のよう。
また、リワークにはクリスマス会、忘年会、新年会などと沢山のイベントがあり、クラスの垣根を越えたコミュニケーションが取れて良い思い出になりました。

このリワークで仕事を一人で抱え込まない事や自分のことをうまく表に出す事をアサーションを通して勉強することが出来ました。
そして課題や再提出の嵐にも負けない気持ちと断る勇気についても学ぶことが出来ました。

私は頑固な一面もあるようで職員の方には大変苦労を掛けてしまいましたが、職員の皆様は今までの経験を生かし、時には厳しく、時には体調を気に掛けてくれたりしました。
同期や他のクラスの皆さん、職員の皆さん半年間本当にありがとうございました。

そしてこの場をお借りして、私をいつも応援してくれていた妻へ、ありがとう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご卒業おめでとうございます。
通所開始さればかりの時は緊張が高く、周りに遠慮してうまく立ち回れないと不安を訴えていた時期もありましたね。そんな不安もメンバーさんとのコミュニケーションを通してあっと言う間に消え、いつの間にか皆さんを引っ張っていく存在になりました。
自分の意思をしっかり伝えたいけど、うまく伝えられない事について悩まれ、特にアサーションについて熱心に学ばれました。
復職されたあとも是非身についた事をご活用ください。
自分らしく、着実に進んでいかれますことをお祈り申し上げます。