お知らせ・活動内容

リワークデイケア「卒業生の声」

最近インフルエンザが大変流行っているそうですが、皆さま体調いかがですか?
手洗い、うがいを心掛けて、感染予防に努めましょう!

先週に続き、卒業生からのメッセージを紹介していきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は5月から約半年間、このリワークにお世話になりました。

思えば今年の4月、「そろそろ私傷病欠勤の期間が切れるので復職しないと…」という後ろ向きな気持ちで臨んだ産業医面談において言われた「リワークに半年間通ってください」という一言から全ては始まりました。

「あと半年も復職できないの?そもそもリワークプログラムって何?」というショックと疑問で満たされていた私に対し、スタッフの方々はとても丁寧な説明で背中を押してくれました。

それでも最初は「多分病気は治っているのだけど、まぁ会社の指示だし仕方ないか」と軽い気持ちで臨んでいたのですが、スタッフの面談や講座を進めていくうちに意外な事実が。

「えっ?今までずっと感じていたイライラや怒りも症状の一つかもしれないって?性格だと思って先生に伝えてなかったよ!」「ええっ!?双極性障害ってうつ病と同じ治し方じゃいけないの?ずっとうつ症状を戻す方法ばかり試していたよ!」と、自分で考えていた症状や対処法が大きく間違っていたことに気付かされたのです。

そうなると私も「よし、いっそ留学に来たつもりになってリワークで学んでゆこう!」と言う気持ちになり、プログラムに積極的に参加してゆくようになりました。

その後は薬の正しい処方により怒りが治まってきただけでなく、精神療法やマインドフルネスを生活に取り込むことにより不安に悩まされる回数も大幅に減ってきました。

またリワーク内での卓球(下手ですが)や人狼ゲーム(顔つきですぐ人狼とバレてしまいますが)などに積極的に参加する事でコミュニケーション能力を回復するだけでなく、久しぶりに心の底から笑えるようになってゆきました。

最終クラスである復職準備クラスでは大きなプレッシャーや負荷を感じましたが、リワークで学んだ対処法を活用する事でこれまでよりも楽に乗り越えることができ、最終的には「これだけ出来れば復職してもやって行けそうだな」という自信に変えてゆくことが出来ました。

リワークでは感情に対する多くの対処法を教わりましたが、ひょっとしたら復職後は忙しくて徐々に忘れてしまうかも知れません。そこで私は各感情への対処法を単純にフローチャート化し、A4用紙1枚にまとめた物を部屋に貼る事にしました。

この先感情に流されそうになった時はこの紙を見て対処法を思い出すと共に、リワークで心から笑えたことも思い出して活力にしてゆければと思っています。

スタッフの皆さん、そしてリワークの仲間の皆さん、本当にありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご卒業おめでとうございます。

入所された時は緊張が強く、お声をかけただけでも体が固まってうまく反応できなかったことを覚えています。コミュニケーションの大切さを講座で学び、意識しながら他メンバーと関わっていく中で少しずつ笑顔が見え始め、いつの間にか周りを引っ張っていくような存在になりましたね。

何事にも真面目に取り組み、ご自分の疾患や症状と向き合ってきました。
怒りに関してはアンガーマネージメント、反すうについてはマインドフルネスを行うことでうまく対処されました。今後も続けていく事で体調の維持に繋がればと思います。

復職された後は忙しさに流され、自分と向き合う余裕がなくなる時もあるかもしれません。躓いた時や迷われた時はいつでもフォローアップにいらしてください。

今後のご活躍をお祈り申し上げます