お知らせ・活動内容

認知症病棟からの風景(平成29年7月)

梅雨明けが発表され、夏本番。
今年の夏も暑くなりそうです。

近年ニュースなどでよく見聞きするようになった熱中症。 熱中症は、夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れない梅雨明けの時期、また屋外だけでなく、高温多湿の室内で過ごしている時にもみられます。

熱中症の予防・対策は、水分をこまめにとるだけでなく、塩分をほどよくとることも重要です。
また、睡眠環境を快適に保ち、夏バテを防止すると共に、寝ている間の熱中症を防ぐことも大切です。

誰でも条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで熱中症を防ぐことができます。
皆様、熱中症にはお気を付け下さい。

追記
写真にも記載されていますが、食中毒の起こりやすい時期でもあります。合わせてお気を付け下さい。